ウエダグループ

Our Business > 運輸グループ

運輸グループ

事業について
食品の物流をメインに24時間× 365日の運行・管理を実施
業種業態(スーパー、コンビニ、外食チェーン、センター便など)
サービスについて
軽トラック・2t・3t・4t・大型の冷蔵冷凍車
3t・4tでは2エバ2層式車輛も保有

食品の物流をメインに24時間×365日の
運行管理を実現。
取り扱い商品も幅広く、
柔軟な運輸体制を築いています。

皆様の食のライフラインとして一翼を担い、食の安全も提供できる品質を維持しております。取り扱い商品も幅広く、デザートのようなデリケートな商品から乳製品・冷凍食品・グロッサリー・パンなど、あらゆる食品を手掛けています。また、様々な配送形態にも対応しており、たとえば深夜の無人店舗への納品(冷凍庫や冷蔵庫への格納作業)では、店舗の鍵やセキュリティーカードなどもお預かりして管理と配送を行っております。また、食品の物流は、物量波動や季節波動も多分にあるもの。突発的な増車対応や臨時便対応などについても柔軟に対応できる体制を整えています。

運輸グループ3社で
約500台のトラックを保有。
品質への投資は、惜しまない。

車種は、軽トラック・2t・3t・4t・大型の冷蔵冷凍車で豊富に揃っており、3t・4tでは2エバ2層式車輛も保有、温度管理が必要な配送業務を得意としています。きめ細やかな配送とスピード、経験豊富な乗務員と輸送品質の高さで多数のお客様にお喜び頂いている私たちですが、何よりも大切にしているのは「安全」への配慮。全車両デジタルタコグラフ及びドライブレコーダーを装備し、最新型の自動ブレーキシステム搭載車への代替えを随時行っていますし、運転席側のドアにはLEDエッジランプを取付けるなど、安全への投資は経常的に行っています。

主な運営会社

事業者インタビュー

運輸グループ 常務取締役 谷口 泰史 運輸グループ 常務取締役 谷口 泰史

全員が、現場主義。
波動の対応にも強い、運輸ビジネスを。

 私たちが最も大切にしているのは、事業部内の全社員が「全員現場主義」の精神で、情熱的に仕事をすることです。一般的に組織ビジネスは、マネジメント側が考えて指示を出し、現場側がその指示に従うという構造です。しかし、当社では現場もトップ部門長も、全ての社員が現場マインドを持ち、自らが考えて、お客さまに最高のサービスを提供することを心がけています。たとえば、物流波動や季節波動による臨時的な対応に迫られた時。私たちは、現場だけの力に頼らず、本社幹部スタッフもハンドルを握り、お客様のご要望にお応えしています。お客様が困っている時こそ、底力を出す。その柔軟性を武器に、信頼関係構築を図っているのです。
 今後は、品質を保った上での効率化を図っていきます。たとえば、ウエダグループの各運輸部門が保有するクライアント様において、同じ業種形態を集約できるような共同配送などを行いクライアント様も各事業部も利益となるように改善を進めています。

他のメッセージも見る

メッセージを開く